プログラム4月9日現在

日程表

会長講演5月15日(土)13:15~14:05 第1会場(3階・コスモスホールⅠ)

高齢者のメンタルヘルスと老年薬学

座 長 秋下 雅弘(東京大学医学部附属病院 老年病学)
演 者 水上 勝義(筑波大学大学院 人間総合科学学術院)

特別講演15月15日(土)14:20~15:20 第1会場(3階・コスモスホールⅠ)

with/afterコロナ時代のポリファーマシー対策

座 長 水上 勝義(筑波大学大学院 人間総合科学学術院)
演 者 秋下 雅弘(東京大学医学部附属病院 老年病学)

特別講演25月16日(日)13:45~14:45 第1会場(3階・コスモスホールⅠ)

認知症に対する薬物療法の現在

座 長 水上 勝義(筑波大学大学院 人間総合科学学術院)
演 者 三村  将(慶應義塾大学医学部 精神・神経科学教室)

教育講演(オンデマンド配信)

教育講演1

がん治療にかかわる薬剤師の業務

  • 平井 みどり(兵庫県赤十字血液センター)

教育講演2

服薬アドヒアランスと患者支援

  • 亀井 美和子(帝京平成大学 薬学部)

教育講演3

患者の状態に合わせた、一歩踏み込んだ服薬支援

  • 倉田 なおみ(昭和大学薬学部 社会健康薬学講座社会薬学部門)

教育講演4

サルコペニアの病態・診断・予防・介入

  • 荒井 秀典(国立長寿医療研究センター)

教育講演5

高齢者感染症に対する薬物療法を考える

  • 松元 一明(慶應義塾大学 薬学部 薬効解析学講座)

教育講演6

フレイル予防への薬剤師の関わり

  • 飯島 勝矢(東京大学高齢社会総合研究機構・未来ビジョン研究センター)

教育講演7

オンライン服薬指導;患者・家族に期待されるサービス

  • 岡﨑 光洋(東京大学大学院薬学系研究科 医薬政策学講座)

教育講演8

高齢者の生活習慣病の治療と管理

  • 小島 太郎(東京大学医学部附属病院 老年病科)

教育講演9

薬剤師が論文を書くための初学者講座

  • 浜田 将太(医療経済研究機構)

教育講演10

せん妄やBPSDに対する在宅医療の実践講座

  • 髙瀬 義昌(たかせクリニック)

教育講演11

高齢者のポリファーマシー対策の始め方と進め方

  • 道家 由行(厚生労働省 医薬・生活衛生局 医薬安全対策課)

教育講演12

基剤や剤形から考える皮膚外用薬の選び方と使い方

  • 大谷 道輝(杏雲堂病院 薬剤科)

教育講演13

高齢者精神疾患の薬物療法

  • 吉尾  隆 (東邦大学 薬学部 医療薬学教育センター 臨床薬学研究室)

教育講演14

高齢者とOTC

  • 榊原 幹夫(株式会社スギ薬局 DI室)

シンポジウム5月15日(土)

シンポジウム19:00~10:30 第1会場(3階・コスモスホールⅠ)

本人本意の地域包括ケアシステム

  • 座長 岡﨑 光洋(東京大学大学院薬学系研究科 医薬政策学講座)
  • シンポジスト 地域住民とともに育てる地域共生社会 “ものがたりの街の取組”
  • 佐藤 伸彦(ナラティブホーム)
  • 秋田県・秋田県医師会が進める地域包括ケアの仕組み ~ナラティブブック秋田~
  • 伊藤 伸一(一般社団法人 秋田県医師会)

シンポジウム29:00~10:30 第2会場(3階・コスモスホールⅡ)

ポリファーマシー 地域連携での取り組み

  • 座長 鈴木 裕介(名古屋大学医学部附属病院 地域連携・患者相談センター 老年内科)
  • シンポジスト 地域・職種間連携で取り組む処方の適正化
  • 鈴木 裕介(名古屋大学医学部附属病院 地域連携・患者相談センター 老年内科)
  • ポリファーマシーの地域連携 病院薬剤師の心構え
  • 溝神 文博(国立長寿医療研究センター 薬剤部)
  • ポリファーマシーと地域連携 地域での実践手法について
  • 篠永  浩(三豊総合病院 薬剤部)
  • ポリファーマシー改善を目指した地域連携~地域薬局の立場から~
  • 神保 美紗子(スギ薬局 医薬品情報室)

シンポジウム39:00~10:30 第3会場(5階・オリオン)

新規薬剤評価ツールFORTAの有用性について

  • 座長 小島 太郎(東京大学医学部附属病院 老年病科)
  •    竹屋  泰(大阪大学大学院医学系研究科 老年・総合内科学)
  • シンポジスト 新規薬剤評価ツールFORTAを活用する
  • 小島 太郎(東京大学医学部附属病院 老年病科)
  • 病棟薬剤業務における日本版FORTAの活用を考える
  • 大野 能之(東京大学医学部附属病院 薬剤部)
  • 薬局における日本版FORTAの活用方法
  • 熊木 良太(昭和大学 薬学部 社会健康薬学講座社会薬学部門)
  • 訪問診療においてどのようにFORTAは活用できるか?
  • 山中  崇(東京大学大学院医学系研究科 在宅医療学講座)

スポンサードシンポジウム414:20~15:50 第2会場(3階・コスモスホールⅡ)

高齢者の摂食嚥下障害における多職種連携を考える ~薬剤師に望むこと~

  • 座長 倉田 なおみ(昭和大学薬学部 社会健康薬学講座社会薬学部門)
  • シンポジスト 超高齢社会における薬剤師の役割 ~摂食嚥下障害への対応
  • 野原 幹司(大阪大学大学院歯学研究科 顎口腔機能治療学教室)
  • 摂食嚥下障害を持つ在宅療養患者の支援の実際
  • 髙瀬 義昌(たかせクリニック)
  • 高齢者の摂食嚥下障害における多職種連携を考える ~薬剤師に望むこと~
  • 大木 一正(クリーン薬局)
  • 認知症高齢者に対する薬剤師だからできる支援
  • 倉田 なおみ(昭和大学薬学部 社会健康薬学講座社会薬学部門)
  • 共催:日医工株式会社

スポンサードシンポジウム514:20~15:20 第3会場(5階・オリオン)

  • 座長 荒井 秀典(国立長寿医療研究センター)
  • シンポジスト 高齢者糖尿病診療のトピックス:治療ガイド改訂を中心に
  • 鈴木  亮(東京医科大学糖尿病・代謝・内分泌内科学分野)
  • 共催:第一三共株式会社

シンポジウム615:35~17:35 第1会場(3階・コスモスホールⅠ)

新型コロナウイルス感染症を知る

  • 座長 岩田 紘樹(慶應義塾大学 薬学部 医療薬学・社会連携センター 社会薬学部門)
  •   基調講演 新型コロナウイルス感染症の現状と課題
  • 岩田 健太郎(神戸大学医学部附属病院 感染症内科)
  • シンポジスト 薬局をクラスターにするな!京大SPH薬局COVID-19対策プロジェクト
  • 岡田  浩(京都大学大学院 医学研究科 社会健康医学系専攻 健康情報学分野/
          薬局情報グループ)
  • 新型コロナの院内感染対策
  • 坂本 史衣(聖路加国際病院 QIセンター感染管理室)
  • 新型コロナウイルス感染症対策
    ~薬剤師として中小規模病院や高齢者施設等でどう関わっていくか?~
  • 木村 匡男(鈴鹿回生病院 診療関連部 兼 薬剤管理課)

シンポジウム716:05~17:35 第2会場(3階・コスモスホールⅡ)

多職種連携によるポリファーマシー対策

  • 座長 末松 文博(地域医療機能推進機構(JCHO)九州病院 薬剤部)
  • シンポジスト 多職種で取り組むMedication Reviewと病診薬連携
  • 末松 文博(地域医療機能推進機構(JCHO)九州病院 薬剤部)
  • 在宅医療におけるポリファーマシー改善
    ~看護師、ケアマネージャー、介護士など医師以外の他職種との連携~
  • 佐野 敦彦(田辺薬局株式会社)
  • 病院で取り組むポリファーマシー〜医師の立場から〜
  • 矢吹  拓(国立病院機構 栃木医療センター 内科)
  • 病院で取り組むポリファーマシー 〜看護師の立場から〜
  • 桑田 美代子(青梅慶友病院 看護介護開発室)

シンポジウム816:05~17:35 第3会場(5階・オリオン)

介護施設での薬剤師の役割と多職種協働

  • 座長 丸岡 弘治(介護老人保健施設横浜あおばの里 薬剤部)
  • シンポジスト 介護老人保健施設における薬剤師の役割と支援相談員との連携
  • 丸岡 弘治(介護老人保健施設横浜あおばの里 薬剤部)
  • 老健専任薬剤師としての役割と多職種協働
  • 東原 和美(バプテスト老人保健施設 医務部)
  • 老健施設多職種協働における薬剤師の関与とアンケートから見えてきた関与の方向性
  • 新井 克明(大洗海岸病院 薬剤部)
  • 医師として薬剤師に求める役割と多職種協働
  • 大河内 二郎(介護老人保健施設竜間之郷)

シンポジウム5月16日(日)

シンポジウム99:00~10:30 第1会場(3階・コスモスホールⅠ)

患者のゴールを見据えた薬物療法 〜患者の価値観・ケアの嗜好を支える処方見直し

  • 座長 岡﨑 光洋(東京大学大学院薬学系研究科 医薬政策学講座)
  • シンポジスト 患者の価値観やケアの思考を支えるための臨床倫理
  • 金城 隆展(琉球大学医学部附属病院 地域医療部)
  • アドバンスケアプランニングの実践と患者のゴールを目指した処方見直しのために薬剤師が知っておくべきこと
  • 飯田 真之(神戸大学医学部附属病院 薬剤部)

教育研修委員会企画シンポジウム109:00~10:30 第2会場(3階・コスモスホールⅡ)

  • 認定制度について
  • 岸本 桂子(昭和大学薬学部 社会健康薬学講座社会薬学部門)
  • 症例の書き方レクチャー
  • 溝神 文博(国立長寿医療研究センター 薬剤部)
  • 武藤 浩司(新潟市民病院 薬剤部)
  • 相宮 幸典(スギ薬局 野立橋店)

シンポジウム1110:45~12:15 第1会場(3階・コスモスホールⅠ)

薬剤師のためのせん妄イロハ

  • 座長 髙瀬 義昌(たかせクリニック)
  • シンポジスト 薬剤師のためのせん妄イロハ
  • 森川  暢(市立奈良病院 総合診療科)
  • せん妄に対する適切な薬剤選択と効果的な頓服使用について
  • 井上 真一郎(岡山大学病院 精神科神経科)
  • 当センターにおける認知症・せん妄対応チームの活動
  • 鷲見 幸彦(国立長寿医療研究センター)

シンポジウム1210:45~12:15 第2会場(3階・コスモスホールⅡ)

診療報酬と高齢者服薬支援

  • 座長 倉田 なおみ(昭和大学薬学部 社会健康薬学講座社会薬学部門)
  •    宇都宮 励子(大阪ファルマプラン/一般社団法人全国薬剤師・在宅療養支援連絡会)
  •   基調講演 2020年度調剤報酬改定とその後の薬局・薬剤師を取り巻く動向
  • 有澤 賢二(公益社団法人 日本薬剤師会)
  • シンポジスト 薬剤師吸入指導への期待 〜呼吸器・アレルギー専門医から〜
  • 鈴木 慎太郎(昭和大学医学部内科学講座呼吸器・アレルギー内科部門)
  • 保険薬局での吸入指導導入の導入前後の工夫と苦労
  • 冨士代 真希(大阪ファルマプラン あおぞら薬局)
  • 簡易懸濁法導入の導入前後の工夫と苦労
  • 鈴木 邦彦(つなぐ薬局)

スポンサードシンポジウム1313:45~14:45 第2会場(3階・コスモスホールⅡ)

  • 座長 秋下 雅弘(東京大学大学院医学系研究科老年病学)
  • シンポジスト 認知症者・家族へのかかわり方 ~薬剤師への期待~
  • 髙瀬 義昌(たかせクリニック)
  • 共催:第一三共エスファ株式会社

シンポジウム1415:00~17:00(第1会場(3階・コスモスホールⅠ)

処方見直しのポイント

  • 座長 榊原 幹夫(株式会社スギ薬局 DI室)
  •   基調講演 なぜ処方を見直すのかをみんなで丁寧に考える
  • 北  和也(やわらぎクリニック)
  • シンポジスト 薬局における処方見直しのポイント
  • 金澤 幸江(ポプリ薬局/東京理科大学 薬学部)
  • 複数の医療機関からの処方見直し
  • 那須 いずみ(虎の門病院 薬剤部)
  • 生命予後が限られた高齢患者に対しての処方の見直し
  • 服部 ゆかり(東京大学医学部附属病院 老年病科)

スポンサードシンポジウム1515:00~16:30(第2会場(3階・コスモスホールⅡ)

高齢者の不眠症治療

  • 座長 水上 勝義(筑波大学大学院 人間総合科学学術院)
  • シンポジスト 科学的視点で考える睡眠薬の適正使用
           ~VUCAな世の中だからこそ睡眠薬の適正使用を始めてみよう~
  • 加藤 豊範(小林記念病院 診療技術部 薬剤科)
  • 高齢入院患者の不眠に対する治療戦略
  • 平  俊浩(福山市民病院 精神科・精神腫瘍科)
  • 共催:エーザイ株式会社

一般演題(オンデマンド配信)プログラムPDF

ランチョンセミナー5月15日(土)

ランチョンセミナー112:00~13:00 第1会場(3階・コスモスホールⅠ)

  • 座長 秋下 雅弘(東京大学医学部附属病院 老年病学)
  •     演者 患者・家族の背景・認識を知ることからアプローチする
           〜栄養介入および高齢者の薬物治療を中心に
  • 田中 公孝(杉並PARK在宅クリニック)
  • 共催:アボットジャパン合同会社

ランチョンセミナー212:00~13:00 第2会場(3階・コスモスホールⅡ)

  • 座長 飯島 勝矢(東京大学高齢社会総合研究機構/未来ビジョン研究センター)
  •     演者 高齢者医療に寄り添う漢方薬 ~尊厳ある生を支えるために~
  • 大澤  誠(医療法人あづま会 大井戸診療所)
  • 共催:株式会社ツムラ

ランチョンセミナー312:00~13:00 第3会場(5階・オリオン)

  • 座長 神﨑 恒一(杏林大学医学部 髙齢医学)
  •     演者 高齢者抗凝固療法の適用と新しい薬剤適正化ツール ~JAPAN-FORTA~について
  • 小島 太郎(東京大学大学院医学系研究科 加齢医学講座老化制御学)
  • 共催:ブリストル・マイヤーズ スクイブ㈱/ファイザー㈱

ランチョンセミナー5月16日(日)

ランチョンセミナー412:30~13:30 第1会場(3階・コスモスホールⅠ)

  • 座長 堀 美智子(医薬情報研究所/株式会社エス・アイ・シー)
  •     演者 高齢者の帯状疱疹治療薬の安全性を担保するための薬剤師の役割
  • 平田 純生(I&H株式会社 学術研修部・熊本大学薬学部)
  • 共催:マルホ株式会社

ランチョンセミナー512:30~13:30 第2会場(3階・コスモスホールⅡ)

  • 座長 大嶋  繁(城西大学薬学部)
  •     演者 高齢者の慢性痛診療-薬物療法の注意点-
  • 北原 雅樹(横浜市立大学附属市民総合医療センター ペインクリニック内科)
  • 共催:あゆみ製薬株式会社